メールカウンセリング実例集

男性編

①会社の業績が悪化し、将来に不安を感じている マサシさん 37歳

②異性の友達との関係に悩む カズヤさん 20歳

③息子の引きこもりを心配する マサヒコさん 55歳

④仕事で大きな失敗をして悩む ジュンイチさん 40歳

⑤会社の先輩との関係に悩む アキラさん 26歳

①会社の業績が悪化し、将来に不安を感じている マサシさん 37歳

ここ数年で給料がどんどん減ってきて、ボーナスが出ないときもあります。

私には、妻と3人の子供がおり、生活費が足りないので毎月貯金を崩しながらなんとか生活している状態です。貯金の残高も少なくなってきて、どうしたらいいのか途方に暮れています。

 

かといって、なんの資格も持っていないので転職する勇気もありません。

転職しても今より給料が安くなる可能性もありますし、今の会社のようにどんどん減らされたらと思うと行動できないのです。

まだ、子供が小さいので妻はパートで働いています。

 

妻と子供たちを守るために頑張らなくてはいけないことはわかっているのです。

でも、どう頑張ったらいいのか、どう動けばいいのか全くわかりません。

 

私は、どうしたらいいのでしょうか?教えてください。

ヒアリングサービスオハナから マサシさんへのお返事

マサシさん、こんにちは。はじめまして、ヒアリングサービスオハナの山本と申します。

よろしくお願いします。メール拝見いたしました。

 

マサシさんがお勤めされている会社は給料が年々減ってきていて、ボーナスが出る確証もなく、貯金は減る一方で将来を不安に思っておられるご様子が伝わってきました。

 

では、マサシさんの会社が安定したお給料を支払ってくれたら、マサシさんは定年まで働きたいですか?

人間関係はどうでしょうか?挨拶したら挨拶が返ってくる。気分が悪そうな人がいたら、周りの人が声をかける。遅くまで、残業しないように上司が声をかけてくれる。社内の雰囲気はどうでしょうか?

幹部の人柄はどうでしょうか?社内に信頼できる人がいますか?

もし、人間関係に満足されているようなら転職はしないほうがいいと思います。

人間関係はお金では買えません。本当に大変な時に助けてくれるのはお金ではなく、人であることが多いからです。誠実な会社は必ず業績が伸びてきます。でも、ブラック企業は人を使い捨てにしますから、マサシさんが疲弊するのは時間の問題です。その場合、転職を後回しにしても解決しない可能性が高いと思います。

 

日本では、飢え死にする家族は少ないのです。それは、政府が飢え死にすることを許さないからです。ましてや子供が3人いらっしゃる家庭を見殺しにするようなことはありません。いざとなったら、自治体が助けてくれますからお金は何とかなるものです。

 

しかし、ブラック企業で自殺に追い込まれたり、過労死する働き盛りの男性は毎年たくさんいます。

なぜなら、行政が問題を未然に防ぐために介入してくれることはまずないからです。そこの部分は、自分以外、守ることは出来ないのです。

 

もちろん、転職するにしても、今すぐというわけにはいかないと思います。

 

食費は、きっともう節約されていると思います。子供たちに我慢ばかりもさせられませんから、家賃から見直されてはいかがでしょうか?子供さんが3人いらっしゃるなら市営住宅などを利用したほうが安くなるかもしれませんし、実家に同居することができれば尚いいでしょう。

住宅ローンがきついなら売却も検討しましょう。持ち家はまた買えますが、命は一度きりです。

  

食べていけなくなる可能性よりも、心配により心が疲弊してしまう危険性、またはブラック企業の場合は心身の病気になる可能性が極めて高くなることを知っていると、どのように行動するのがご自身にとって、また家族にとって一番いいのか見えてくるかもしれません。

 

かなり難しい問題なので一概にはいえませんし、正解もわかりませんがご参考になればと思います。

また、行動する時にご不安な点などがございましたらご相談ください。

 

マサシさんとマサシさんのご家族が、安心して暮らせるように心より願っています。

 

 

②異性の友達との関係に悩む カズヤさん 20歳

僕は、同じ大学に通う女友達について悩んでいます。

A子は、入学した時から親しく話しかけて来てくれて、サークルも一緒になりました。

僕はA子には特別な気持ちは持っていません。でも、A子はずっと好きでいてくれたみたいで、先日告白されてしまいました。僕には彼女がいて、今はうまくいっているし、別れる気持ちもありません。

A子も僕に彼女がいることは知っています。だから、告白されたときも「言いたかっただけ。知っていてほしい。」とだけ言われました。でも、そんなこと言われるとどう付き合っていいのかよくわからなくなりました。僕のことをいつも見ていて、目が合うことが多いので正直怖いです。学校以外でも、偶然会うことが多いので、待ち伏せしているんじゃないかと疑ったりしてしまいます。

ラインも毎日のように、こっちが返事しなくても来るし、彼女も疑い始めています。はっきり言った方がいいのでしょうか?どうしたらいいのでしょうか?

ヒアリングサービスオハナから カズヤさんへのお返事

カズヤさん、こんにちは。はじめまして、ヒアリングサービスオハナの山本と申します。

よろしくお願いします。メール拝見いたしました。

 

同じ大学に通うA子さんの気持ちを害さないでうまく断る方法があれば、彼女にも余計な心配をさせなくて済むから何かよい方法はないのだろうかとお悩みなのですね。

かしこまりました。

 

A子さんは、カズヤさんに彼女がいることを知っていて告白してきたんですね?A子さんにとってカズヤさんは理想の人なのでしょう。魅力的な人が近くにいると無理だとわかっていても好きになることは誰にでもあることです。A子さんは不本意な情熱に捕らわれてしまった状態でしょう。

告白も「言いたかっただけ。知っていてほしい。」とA子さんは言っているものの、「いつも見ている」「偶然大学の外で会うことも多い」ということから考えると自分に振り向いてほしいという気持ちが強いような気がいたしますね。

A子さんにとっては、忘れられない、諦められない、辛さからそのような行動にとってしまっているのかもしれませんね。「いつか待っていれば振り向いてくれるかもしれない。」そう思い続けることはとてもかわいそうなことです。

カズヤさんが「その気がないことを伝えたい」と思っていらっしゃる点について、カズヤさんは男性としてとても真摯な方だと、私は感銘いたしました。女性の気持ちをもてあそぶ人も多いからです。

カズヤさんのような彼氏がいる彼女は幸せ者ですね!

 

まずは、「可能性がない」ということを態度で表すのが親切かもしれません。

目を合わせないように気を付ける。話さなくてはいけないときは事務的にする。などです。

それでも、効果がないようなら 2人で会うのはリスクが高いのでラインでいいと思うのですが、きちんと自分の気持ちを誠実に伝えてみてはいかがでしょうか?

 

  • 彼女を大切にしたい気持ちに変わりはないので、これからも大学の友達以上にはなれないこと。
  • A子さんには、他の人と幸せになってほしいと思っていること。
  • 自分にも彼女という愛する人がいるので、願いが叶わない辛さはよくわかるけど期待に応えられないということ。

カズヤさんがA子さんとの仲がギクシャクしないで、また普通の関係に戻れると一番いいですね。

関係がこじれるようならまたご相談ください。カズヤさんの不安が解消されることを祈っています。

 

③息子の引きこもりを心配する マサヒコさん 55歳

25歳の息子のことでご相談したいことがあります。

息子は中学時代に同級生からお金を取られたり、暴力を受けるといういじめに合っていました。

学校の先生に相談しましたが、力になってもらえず深く傷つき、学校に行けなくなりました。高校は通信制を卒業し、大学にも行きましたが、就職活動のときに体調不良でまた引きこもるようになってしまいました。大学はなんとか卒業しましたが、25歳になっても就職せずに一日中家にいます。私と妻が仕事でいない間に食事をとっているようですが、私たちがいる間は部屋から出て来ないので最近は顔を合わせることもありません。話しかけても返事もなく、どのようにコミュニケーションとったらいいのかわかりません。いままでスクールカウンセラーや精神科などに相談もしましたが、私たちの育て方がよくなかったのではないかというようなことを言われるくらいで、これといった方法もなく今に至っています。このまま時間だけが過ぎていくようで、どうしたらいいものかと途方に暮れる毎日です。

息子の気持ちが知りたいと思います。毎日何を考えているのか、将来のことをきちんと考えているのか。

もし、息子と話せる方法があればお聞きしたいのです。どうか、お願いします。

 

ヒアリングサービスオハナから マサヒコさんへのお返事

マサヒコさん、こんにちは。はじめまして、ヒアリングサービスオハナの山本と申します。

よろしくお願いします。メール拝見いたしました。

 

息子さん、中学時代に随分とひどいいじめに合われたのですね。ご本人もさぞかし辛かったでしょう。学校の先生に言っても、力になってもらえなかったとしたら孤独な思いもされたと思います。

 

文面だけでは、息子さんの今のお気持ちを十分に察することは出来ませんが、おそらく、中学時代の「なぜ、自分があんな目に合わなければいけなかったのだろう?自分はそんな扱いをされるような人間なんだろうか?あんな目に合わなければ、こんなに苦しまずに済んだ。」という怒りをこらえていらっしゃるのかな?と思います。

どういうことかと申しますと、人は ”痛い時” には強烈な ”怒り” も同時に感じます。

それは、自分の命を守るために攻撃したものに対して即座に反撃するための反射です。

ですから、”痛い時” は攻撃的になって当然なのですが、相手が攻撃してはいけない人の場合はその”怒り”は抑えなくてはいけません。やり場のない怒りは ”相手” ではなく、攻撃できなかった ”自分” に向けられてしまうことがあるのです。

自分よりも弱い相手に向けられてしまうこともあります。(動物虐待など)

 

息子さんが引きこもっているのには理由があるからです。

それは、怒りを弱い人に向けないため、怒りを家族にぶつけないため、ではないかと私は思います。

 

息子さんは賢く、「今の自分は危険である」とよくわかっていらっしゃるのではないでしょうか?

息子さんは誰かに話を聞いてもらいたい、自分の気持ちをわかってほしいと思っているでしょう。

でも、感情的になってしまう怖さ、いままで我慢していた気持ちが途絶えてしまう不安があるから何も話そうとしないのかもしれません。

 

私の考えが当たっている保証はありませんが、マサヒコさんはどう思われますか?

 

マサヒコさんや奥様がよく支えられたからこそ、その何とかしてあげたいという優しさがあったからこそ、息子さんは高校も卒業して、大学まできちんと進学された。すごい努力だと思います。

 

芸能人でも、学生時代にひどいいじめに合って、一時的に引きこもりの生活を余儀なくされて、後に成功された方もいらっしゃいます。

 

引きこもっている時は本人はとても辛く苦しく、また孤独なものですが、ご両親が心配してくれていることは息子さんにもきちんと伝わっていると思います。

 

ですから、無駄に思えても声をかけ続けてあげてください。

朝は、名前を呼んで「おはよう。出かけるけど朝ごはん用意してあるからきちんと食べろよ。」とか、帰ってきたら名前を呼んで「ただいま」とか。

頑張ろうとしている息子さんの生きる力を信じて、もう少し待ってあげてください。

ほおっておくのではなく、「気にかけているよ」とサインを送り続けてほしいと思います。

そうしていれば必ず心を開いてくれると思います。

「助けて欲しい。」と息子さんが声をかけてくれるのを待ちましょう。責められないとわかると心を開きやすくなると思います。

 

賢い息子さんなら、きっと乗り越えられます。

1か月くらい声がけを続けてください。良くなったのか、悪くなったのか、一か月後によろしければ、現状を教えていただけると幸いです。応援しています。

 

④仕事で大きな失敗をして悩む ジュンイチさん 40歳

今、仕事のことで悩んでいます。2週間前に仕事で大きな失敗をしてしまいました。

自分はプロジェクトチームリーダーで、半年もかかって企画したのですが2日間家にも帰らずにもうろうと夜中に作業していた際にバックアップするまえの必要なデータを勘違いして削除してしましました。提出期限まで間に合わずにお客様を怒らせて解約されてしましました。

みんなにも合わせる顔がなく、仕事も手につかず、社有車で一日中ボーっとしている感じです。

 

その失敗をするまでは、自分にとても自身がありましたし、生き生きして遣り甲斐も感じていました。大きな仕事を任されることも多かったので、評価してもらえることに満足していました。

責任をとって、会社を辞めようかと思ったりもしていますが、家庭もあるし、来年は中学生になる子供もいます。金銭面を考えると転職はしたくありません。

 

社内では誰とも視線を合わせないようにしています。仕事を頼まれることが怖くて仕方ないのです。自分でも情けないと思います。

 

今の仕事を続けていくうえで、今度どうすればいいのか教えてください。

ヒアリングサービスオハナから ジュンイチさんへのお返事

ジュンイチさん、こんにちは。はじめまして、ヒアリングサービスオハナの山本と申します。

よろしくお願いします。メール拝見いたしました。

 

そうでしたか、それはお辛い状況ですね。

ジュンイチさんは大きな企画を任されるプロジェクトチームリーダーだったのですね!すごいですね。

今まで積み重ねて来た信頼を、会社は責任ある立場を与えるという形で報いてくれていたのに、自分の失敗が会社や社員の期待を裏切るような形になってしまって申し訳なく思っていらっしゃるですね。

 

ジュンイチさんは、とても誠実で責任感が強く、やり切ろうという粘り強さを持つ方だと思います。

だからこそ多くの実績も積むことができて、会社からも信頼されてきたのだと感じました。

今回のことで、会社にとっては不利益だったかもしれません。周りの人たちに迷惑をかけてしまったかもしれません。でも、これまでジュンイチさんが積んだものすべてがなくなってしまったわけではないような気がいたします。

ジュンイチさんがいてくれたから、ジュンイチさんがいつも会社のことを思っていて頑張ってくれていたから、ここまでやってこられたのではないでしょうか?

 

ジュンイチさんは「生き生きして遣り甲斐も感じていた。」とありました。仕事に積極的な社員が会社にどれだけいるでしょうか?ジュンイチさんのような社員が会社の雰囲気を盛り上げてきたのではないでしょうか?どれだけの人がジュンイチさんを見て自分も頑張ろうと思ったか、影響力は計り知れません。ジュンイチさんは、会社の資産です。

 

仕事を楽しく出来るジュンイチさんなら、どこに行ってもきっと大丈夫ですし、経験と実績もおありですからジュンイチさんを欲しいと思う会社はたくさんあると思います。

でも、せっかくここまで頑張っていらっしゃったのですから、辞めてはもったいないですね。

 

ジュンイチさんは今40歳で、これからもっと責任のある立場に就くでしょう。

その時に、若手が失敗することもあるかと思います。でも、ジュンイチさんは今回の自分の経験があるから、相手の感情を無視して頭ごなしに叱ったりはしないのではないでしょうか?

失敗や辛い経験は人の辛さを知ることができる良い経験でもあるように思います。

思いやりのある上司がいてくれることは会社にとって大きな救いです。会社では、若い人材の離職率が高くなっていますので、働きにくい環境では人材を確保していくのが難しくなってきています。

なんでもうまくできてしまう今までのジュンイチさんだったら、後輩の失敗に寛容ではなかったかもしれません。

でも、今回の経験はジュンイチさんの人間性をより柔軟なものにしてくれたのではないでしょうか?

 

ここから立ち上がったら、今までよりも可能性が広がると思います。

優秀なジュンイチさんならきっと大丈夫です。会社でも今まで通り堂々としていていいと思います。

ジュンイチさんの益々のご活躍を応援しております。

 

⑤会社の先輩との関係に悩む アキラさん 26歳

私は営業の仕事をしています。今、仕事を教えてもらっている先輩との関係に悩んでいます。

その先輩はお客さんの前ではいい顔をしていますが、お客さんが帰った後は悪口ばかり言っています。取引先では、自分の会社の悪口ばかり言っています。仕事中にパチンコしたり、マンガ喫茶に一日中いたり…。私も同行しているので、いつ会社に知れるかとハラハラしながら外回りしています。

その他にも間違ったことを教えられて上司から怒られたり、お客さんに持っていく資料を教えてくれなかったり、ほんとうに困っています。

 

その先輩は営業成績もいいため、社内でも評価されていますが、私は尊敬できない部分を多くみているので複雑な気持ちです。先輩の問題行動を会社に報告するべきなのか迷っていますが、そうすると先輩から何をされるかわかりません。

 

私は今の営業職が好きです。まだ、わからないこともたくさんあるのできちんと教えてもらえないと仕事に支障がでます。どうしたらいいのでしょうか?何か良い方法があれば教えてください。

 

ヒアリングサービスオハナから アキラさんへのお返事

アキラさん、こんにちは。はじめまして、ヒアリングサービスオハナの山本と申します。

よろしくお願いします。メール拝見いたしました。

 

無理やり仕事中に、パチンコやマンガ喫茶に連れて行かれたりしたら、一生懸命に仕事しようとしているアキラさんの意欲を削がれるようで不満がつのりますね。

先輩はお客さんの悪口を言ったり、会社での不満を取引先にも言っているところからすると、あまり今の仕事が好きではないようですね。でも、営業の成績はいい。そして、仕事の仕方をきちんと後輩には教えたくない。だとすると、先輩を突き動かしているのは ”競争心” なのかもしれません。

「今の仕事は好きではないけれども、誰にも負けたくない。」どうでしょうか?先輩に当てはまりそうですか?

”好きこそ物の上手なれ”という言葉があるように、先輩にはアキラさんの存在が脅威なのかもしれません。同じ営業ということは、いずれはライバルですから、自信がない人ほど手のうちは見せたくないと思います。

先輩はアキラさんの一番近くにいつもいる人だと思います。アキラさんのお客様への真摯な対応や、周りへの心配りを見ていて、追い越されるのは時間の問題だと思っているかもしれません。

だから、アキラさんには「さぼっていて欲しい。本気で頑張らなくても成績は伸びるんだと思ってほしい。こんなふうに悪口をいっても信用がなくならないと思ってほしい。」と、涙ぐましい努力のようにも見えてしまします。

 

私の意見が当たっているかどうかはわかりませんが、当たっているとすれば今後も手を貸してくれることは期待できないでしょう。生産的な指導はないかもしれません。

でも、逆を言えばそれだけ売れている先輩が教えたくないくらいの実力がアキラさんにあることの証拠です。

 

今後は、アキラさんがお客様に誠心誠意を尽くしてお仕事されていくと会社からの評価も上がります。その評価が、ますますアキラさんのやる気を引き出してくれるでしょう。

 

先輩がさぼっていることを上司や会社に報告してもアキラさんが不利になる可能性の方が高い気がいたします。なぜなら、会社は営業成績を重視しているかもしれないからです。

 

わからないことは先輩がいないときに上司に聞くとか、見て覚えるといったことで今を乗り切ってみてはいかがでしょうか?

 

アキラさんならきっとうまく乗り切って、先輩を超えられますよ!

心から応援しています。頑張ってください!

 

「メールカウンセリングはやってみたいけど… どんなふうに文章を書いたらいいの?」

 

迷われている方もいらっしゃることでしょう。

 

まず始めに、何について困っているのか

 

最後に、どうなりたいのか

 

書いていただけると大変助かります。

(どうなりたいのかよくわからないこともあるので、その時は書かなくて結構です。)

 

 

メールカウンセリング 👇👇👇

その他、各種お申し込み・ご予約はホームから